上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
まりいちゃん 頑張って!!
2007/11/30(Fri)
前回の日記では みなさんに暖かい励ましのコメント、アドバイスをいただいて
本当に ありがとうございました。
たくさん たくさん 元気をいただきました。
これから また 迷ったり 悩んだりすると思いますが
パンチと一緒に 飼い主とわんこのいい関係、
よその人との対応など いろいろ 前向きに頑張っていきたいと思います!
本当に ありがとうございました!!

今日は パンチと同じ犬舎出身のチコちゃんのブログで知った
東京に住むシェルティのまりいちゃんの献血の呼びかけです。
残念ながらパンチは協力することができません。
私の小さなブログでは 何の力にもなれないと思いますが
わんこの血液型、供血のことなど 今まで全然知らなくて
知っているだけで違ってくると思ったので
まりいちゃんの病気が治りますように 激励の気持ちをこめて
以下 コピペです。(少し変更してあります。)

************************************

シェルティ 7歳の女の子 まりいちゃんが骨髄繊維という病気と闘っています。
自己免疫疾患かエストロゲン中毒のどちらかが原因で
(人間でも90パーセントが原因不明らしいのです)
赤血球・白血球関係を作りにくくなってしまう病気です。
現在 治療中ですが効果が現れるまで2~3ヶ月かかると言われており
その間は輸血に頼るしか方法がありません。

供血をお願いできるワンちゃんが居ましたらどうかお願い致します。
供血できるワンちゃんは20キロ以上が好ましいのですが
12キロ~13キロくらいあれば大丈夫です。
勿論その子に負担の無い様供血をしていただきます。
7歳以下の子で男の子は去勢済みでも未去勢でも可です。
女の子は避妊済みの子。
血液型がありますので適合した子しか出来ませんし1匹のワンちゃんから1度しか
供血出来ませんので沢山のワンちゃんの協力が必要となります。
犬種は問いません。

まりいちゃんは東京の世田谷在住です。
どうぞ皆さんお力を貸してください。
かけがえのない小さな命
どうか。。。お近くで条件を満たされる方
ご協力よろしくお願いいたします 。

<供血にあたって>

わんこの供血は、簡単ではないそうです。
1.血液型の検査
2.クロスマッチ検査
3.輸血して下さるワンちゃんの健康診断
上記の検査が必要だそうです。
血液検査をしたことのあるわんちゃんなら、血液型はわかっているはずです。

次のクロスマッチ検査ですが
血液型が一致した場合、輸血して頂くワンちゃんの血液とまりいちゃんの血液を混ぜ合わせ、ある程度の時間を置き、問題がないか確認するそうです。
もしも白血球、赤血球が壊れ、問題が生じた場合は血液型が一致しても輸血は出来ないそうなのです。
両者の血液を混ぜ合わせて、問題がなければ初めて一致となる訳だそうです。
これがクロスマッチ検査だそうです。
このため、クロスマッチしていない血液を遠方から送る事は無理という事になるそうです。

あと、この検査の費用が2万5千円もかかるそうです。
遠方過ぎると、まいりちゃんの飼い主さんにも金銭面で負担が大きくなるようですね。
一番よいのは、世田谷近郊で、血液検査済みでまいりちゃんと血液型が一致しているわんちゃんのようです。
このため、体重の条件を満たしていればいいようなものでもなさそうですね。
ちなみに、まいりちゃんの血液型はDEA1.1(―)マイナスだそうです。
愛犬の血液型がわかっている方で、東京近郊に在住で、まいりちゃんと血液型が一致しているわんちゃん・・となると、やっぱり探すだけでもかなり時間と労量がかかりそうですね。

************************************

がんばって!!まりいちゃん

がんばって!!まりいちゃん
スポンサーサイト
この記事のURL | わんこ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<職場訪問 犬猫病院へ♪ by パンチ姉 | メイン | ちょっと落ち込んで・・・また頑張る!>>
コメント
-  -
パンチ母さん、こんにちは。
まりいちゃんのお話、胸が痛みます。わんこにも輸血ってあるんだなって、
血液提供も人間と違って大変なんだなって、まりいちゃんのお話で初めて知りました。私がちょくちょく買っている「ちわわスタイル」っていう本にも毎回病気と闘うわんちゃんのお話が載っていて、読んではブルーな気持ちになります。改めて健康のありがたさを痛感しますね。私自身はまりいちゃんに何もしてあげられないのにこういう事を言っては調子がいいかとも思いますが、一日も早く輸血ができる事を祈っています。まりいちゃん同様一生懸命戦っている、ご家族の方にも早く笑顔で過ごせる日が来ますように・・・。
2007/12/01 15:14  | URL | 銀ママ #-[ 編集]
-  -
銀ママさん☆

私も犬の血液型や献血のことを 今回初めて知りました。
幸い パンチは今のところ健康ですが
いつ 病気になるか、なったら飼い主としてどこまで力を尽くせるか、
まりいちゃんの飼い主さんの気持ちを思うと胸が痛みます。
祈ることしかできませんがいっぱい祈ります!

”ちわわスタイル”という本があるのですね~
柴犬は”Shi-Ba"という本が隔月で出ていて私もたまに買っています。
”犬川柳”という本もあってすごく面白いですよ。
今度 良かったらお貸ししますワン♪
2007/12/02 01:10  | URL | パンチ母 #Y17400wE[ 編集]
-  -
先ほど チコちゃんのブログへ行きましたら
まりいちゃんが虹の橋を渡ったというお知らせがありました。
まりいちゃんのご冥福を心からお祈りします。
2007/12/02 01:31  | URL | パンチ母 #Y17400wE[ 編集]
- そうですか・・・ -
まりいちゃん、虹の橋の向こうへ行ってしまったのですね。
ご家族の気持ちを思うと、かける言葉が見つかりません。
向こうの世界で元気に駆け回ってほしいです。
わんこと人間って、他の動物以上につながりあえるような気がします。
ハムスターを飼って死んでしまった時も号泣しましたが、きっとカチが死んでしまったら、すごい喪失感だと思うんです。2年前にカチが尿結石で入院した時も、庭の小屋を見ては涙があふれて止まりませんでした。病院の先生に覚悟をしてくださいと言われ、とっても怖かった。銀を飼ったのも、カチがいなくなった時に少しでも心を埋めてくれるかと思う気持ちがあったのも事実です。ペットは大切な大切な家族です。まりいちゃんのご冥福をお祈りするとともに、ご家族の方にも早く立ち直ってほしいです。まりいちゃん、よくがんばったね。
2007/12/02 21:21  | URL | 銀ママ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://shibainupanchi.blog112.fc2.com/tb.php/14-dbd3217a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。